東野圭吾

毒笑小説 / 東野圭吾

東野圭吾の「毒笑小説」の感想などです。 塾にお稽古に家庭教師にと、VIPなみに忙しい孫。何とかゆっくり会えないものかという祖父の訴えを聞いて、麻雀仲間の爺さんたちが“妙案”を思いつく…。前代未聞の誘拐事件を扱った「誘拐天国」をはじめ...
0

怪笑小説 / 東野圭吾

東野圭吾の「怪笑小説」の感想などです。 年金暮らしの老女が芸能人の“おっかけ”にハマり、乏しい財産を使い果たしていく「おつかけバアさん」、“タヌキには超能力がある、UFOの正体は文福茶釜である”という説に命を賭ける男の「超たぬき理論...
0

しのぶセンセにサヨナラ / 東野圭吾

東野圭吾の「しのぶセンセにサヨナラ 浪花少年探偵団・独立編」の感想などです。 休職中の教師、竹内しのぶ。秘書としてスカウトされた会社で社員の死亡事故が発生。自殺にしては不自然だが、他殺としたら密室殺人。かつての教え子たちと再び探偵ご...
0
スポンサーリンク

浪花少年探偵団 / 東野圭吾

東野圭吾の「浪花少年探偵団」の感想などです。 小学校教師の竹内しのぶ。担当児童の父親が殺された。家庭内暴力に悩んでいた児童と母親に嫌疑がかかるが、鉄壁のアリバイが成立。しかし疑念を覚えたしのぶは調査を開始。子供の作文から事件解決の鍵...
0

祈りの幕が下りる時 / 東野圭吾

東野圭吾の「祈りの幕が下りる時」の感想などです。加賀恭一郎シリーズ第10弾。 明治座に幼馴染みの演出家を訪ねた女性が遺体で発見された。捜査を担当する松宮は近くで発見された焼死体との関連を疑い、その遺品に日本橋を囲む12の橋の名が書き...
0

麒麟の翼 / 東野圭吾

東野圭吾の「麒麟の翼」の感想などです。加賀恭一郎シリーズ第9弾。 「私たち、お父さんのこと何も知らない」。胸を刺された男性が日本橋の上で息絶えた。瀕死の状態でそこまで移動した理由を探る加賀恭一郎は、被害者が「七福神巡り」をしていたこ...
0

新参者 / 東野圭吾

東野圭吾の「新参者」の感想などです。加賀恭一郎シリーズ第8弾。 日本橋の片隅で一人の女性が絞殺された。着任したばかりの刑事・加賀恭一郎の前に立ちはだかるのは、人情という名の謎。手掛かりをくれるのは江戸情緒残る街に暮らす普通の人びと。...
0

赤い指 / 東野圭吾

東野圭吾の「赤い指」の感想などです。加賀恭一郎シリーズ第7弾。 少女の遺体が住宅街で発見された。捜査上に浮かんだ平凡な家族。一体どんな悪夢が彼等を狂わせたのか。「この家には、隠されている真実がある。それはこの家の中で、彼等自...
0

嘘をもうひとつだけ / 東野圭吾

東野圭吾の「嘘をもうひとつだけ」の感想などです。加賀恭一郎シリーズ第6弾。「嘘をもうひとつだけ」「冷たい灼熱」「第二の希望」「狂った計算」「友の助言」の5つの短編集です。 以降ネタばれありなので注意。 嘘をもうひとつだ...
0

私が彼を殺した / 東野圭吾

東野圭吾の「私が彼を殺した」の感想などです。加賀恭一郎シリーズ第5弾。20年くらい前に読みましたが、再読してみました。 婚約中の男性の自宅に突然現れた一人の女性。男に裏切られたことを知った彼女は服毒自殺をはかった。男は自分と...
0
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました