システム整合性保護(System Integrity Protection: SIP)

概要

MacOS では El Capitan あたりから? 通称 SIP と呼ばれる機能が追加になりました。
この機能の詳細は把握していないのですが、この機能により一部のディレクトリは root 権限をもってしても更新することができなくなっており、これによりセキュリティは強化されたのですが必要なカスタマイズも出来なくなってしまうという問題が起きています。

この問題の対応策としては、一時的に SIP を無効とし、設定変更後に再び SIP を有効とするというフローが正しいようです。

設定方法

SIP の有効/無効はリカバリモードで設定することができます。
リカバリーモードは、起動時に「コマンドキー」「Rキー」を同時に押すことにより入ることができます。
SIP の設定はリカバリーモードでターミナルを実行し、下記のように設定します。

SIP 無効

# csrutil disable

SIP 有効

# csrutil enable

設定後はメニューから再起動すればそれぞれ設定が反映されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました