FuelPHPのインストール

この記事の内容はかなり古いです

FuelPHP は以下のコマンド一発でインストール出来ます。

 % curl get.fuelphp.com/oil | sh

簡単なので推奨されているせいなのか、これが前面に出てきますが、この方法だと途中でスーパーユーザー権限が必要になるようなので、自分的には使っていません。
私自身は、git clone する方法でインストールしています。

 % git clone --recursive git://github.com/fuel/fuel.git

上記を実行すると、カレントディレクトリに fuel ディレクトリが作成されます。

% cd fuel/

FuelPHP は Composer で必要なライブラリを取得してくる仕掛けになっています。
この Composer を整備しないとまともに動きませんので、以下を実行します。

% php composer.phar update

正常に完了したら、パーミッションを適切に設定するために、以下を実行しておきます。

% php oil refine install

この状態のものを保存しておけば、あとはこの保存したものを必要な環境にコピーすることでも、使用することは可能です。

スポンサーリンク

設定

FuelPHP に限った話ではありませんが、php.ini で、date.timezone が設定されていないのと正常に動かないので、以下のように php.ini を設定します。

 date.timezone = "Asia/Tokyo"

DB の接続設定を以下のファイルで設定します。

 fuel/app/config/development/db.php

delvelopment などのモードを分けて使わない場合には、development はザックリ削除してしまって config/db.php を設定しても良いです。

ORM を使う場合には、fuel/app/config/config.php を修正して有効にします。

 'always_load'  => array(
     'packages'  => array(
          'orm',
      ),
 ),

これは、自分の環境の問題かもしれませんが、デフォルトの状態だと mod_rewrite の問題で正常に動作しませんでした。
public/.htaccess を以下のように変更します。

 RewriteBase /

サブディレクトリ以下で動作させる場合には、そのようにあわせて設定してください。

これで一通り設定は完了となります。
public 以下が Web サーバにより参照される領域 (DOCUMENT_ROOT) となりますので、Web サーバの設定を変更する等々必要な設定を行えば使用可能となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました